赤ちゃんの乾燥肌対策におすすめ保湿ケアアイテム

赤ちゃんは乾燥肌・・?「赤ちゃん肌」という言葉があるほど、赤ちゃんのほっぺやお肌はうるうるもちもち。潤いたっぷりなのかと思いきや、意外にも赤ちゃんのお肌は季節問わず年中乾燥しがちです。赤ちゃんの乾燥肌は見た目のカサカサだけでなく、肌荒れや乾燥性湿疹、アトピーにまで繋がってしまう可能性も。赤ちゃんの乾燥肌対策に効果的な保湿ケアをご紹介します。

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌の原因は?

赤ちゃん 乾燥肌

「赤ちゃんのお肌=うるうる・もちもち・すべすべ」と連想する人も多いでしょう。しかし、意外なことに実は、赤ちゃんは大人よりもずっと乾燥肌なのです。

お肌に潤いがあるのは生後2~3ヶ月頃まで

赤ちゃんのお肌が潤いたっぷり、保湿が保たれている状態は、新生児の生後2~3ヶ月頃まで。ママからもらったホルモンの影響がなくなり皮脂が分泌されなくなると、その後は、一気に乾燥が進みます。

皮膚が薄く水分が蒸発しやすい赤ちゃんのお肌

もともと人の皮膚の表面にある角質層には、乾燥やホコリ・紫外線などの外部刺激からお肌を守るバリア機能が備わっています。大人であれば、この角質層のバリア機能によって水分の蒸発を防いでくれるため、大きく乾燥することはありません。

しかし、赤ちゃんは皮膚がとっても薄くて、場所によって異なりますが、大人の約半分くらいの皮膚の薄さだといわれています。そのため、お肌のバリア機能も十分ではなく、空気が乾燥していると皮膚から水分が蒸発しすぐに乾燥肌になってしまいます。

特に秋~冬の外気が乾燥している季節は、ほっぺが真っ赤になるほどカサカサに乾燥している赤ちゃんも少なくありません。

赤ちゃんのお肌はバリア機能が未熟

赤ちゃんは、まだバリア機能が未熟なので外からの刺激に敏感になりやすいです。紫外線のダメージを大きく受けたり、よだれかぶれやおむつかぶれをなどの炎症も起こしやすく、肌荒れしやすい特徴を持っています。

赤ちゃんの乾燥肌によって肌荒れ・乳児湿疹を起こしてしまう

赤ちゃん 乾燥肌

注意したいのが、赤ちゃんの乾燥肌の症状はカサカサな見た目だけではありません。乾燥肌はあらゆる肌荒れの元凶になってしまうのです。

そのため赤ちゃんや小さな子供の肌荒れは、ほとんどが乾燥が原因だといわれています。

皮膚が乾燥することで刺激に敏感に

もともと発達していない赤ちゃんの皮膚のバリア機能。乾燥が進むことで、よりバリア機能が弱くなってしまい、皮膚表面に隙間ができて、ばい菌などが入りやすくなってしまうのです。そのため、ホコリなどのちょっとした外部刺激やこすれで肌荒れ・乳児湿疹を起こしやすくなってしまいます。

乾燥性湿疹になりがち

お肌にカサカサ・ひび割れ・ブツブツ・ザラザラができてしまう、これが乾燥性湿疹です。特にお肌が露出していて空気に触れる部分、顔やほっぺ、手首、足首などに症状が出る傾向があるようです。乾燥性湿疹はかゆみを伴うため、赤ちゃんが掻きむしってしまい、湿疹が悪化したりとびひになってしまうこともあります。

乾燥性湿疹によるかゆみや炎症がひどい場合、またとびひになってしまった場合は、かかりつけの小児科か皮膚科に相談してみましょう。症状に合わせて、ステロイド外用薬を処方されることもあります。

赤ちゃんの乾燥肌はアトピー性皮膚炎の発症を招くかも

赤ちゃん アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの乾燥による乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は原因も症状も異なります。アトピー性皮膚炎の原因はアレルギーのため、乾燥肌の赤ちゃんが「アレルギー体質」であった場合、アトピー性皮膚炎を発症してしまうことがあるのです。

日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎の特徴を以下のようにしています。

  1. かゆみを伴うこと。
  2. 湿疹病変(紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮※1、苔癬化※2、痒疹) が、おでこ、目のまわり、口のまわり、首、肘・膝・手首などの関節周囲、背中やお腹などに、左右対称性に生じること。乳児期は、頭、顔に始まり、体、手足に拡大していく。
  3. 乳児で2カ月以上、そのほかでは6カ月以上続くこと。

※1 掻き壊したあとにできるかさぶた。
※2 掻き壊しを繰り返し、皮膚が厚く硬くなること。

※参考文献:日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」

アトピーは長く付き合っていく皮膚炎になるため、ママとしてはできるだけ防いであげたいですよね。そんなママに朗報です!

保湿剤でアトピー発症率を下げられる!?

2014年、国立成育医療研究センターによって、新生児の赤ちゃんからベビーローションなどの保湿剤を使用することで、将来のアトピー予防になることが発表されたのです!

新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かりました。

これは、世界初のアレルギー疾患の発症予防法を発見したことになるそうです。

※参考文献:国立成育医療研究センター「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)」

お肌をうるうるにキープ! 赤ちゃんの乾燥肌対策

1:赤ちゃんの乾燥肌を改善させるお風呂の入れ方

赤ちゃん お風呂

赤ちゃんにベビーソープやベビー石鹸を使ったお風呂は必要ないと思っている人も少なくありません。まして、「乾燥肌なら、そんなに洗わなくてもよいのでは?」と思われることでしょう。

しかし、それは間違い! 赤ちゃんはいくら乾燥肌でも新陳代謝が活発でとっても汗っかき。皮脂が毛穴に詰まってしまうとあせもなどの乳児湿疹になってしまいます。また、よだれやオムツ内の排泄物の汚れなども肌荒れのもとですよね。

赤ちゃんの乾燥肌対策には、まずはお風呂でお肌を清潔にしてあげることが大切です。

<<赤ちゃんのお風呂の入れ方>>

  1. 赤ちゃんのお肌が乾燥していても、お風呂には毎日入れる。
  2. 使用するベビーソープやベビー石鹸は赤ちゃん専用の低刺激のものを選ぶ。
  3. ベビーソープ・ベビー石鹸をよく泡立てて「泡」の力でやさしく洗う。ボディータオルでゴシゴシとお肌に摩擦の刺激を与えるのはNG!
  4. 赤ちゃんのしわになっている部分や脇の下、耳の裏など汗が溜まりやすい箇所も忘れずに洗う。
  5. すすぎ残しは肌荒れのもと。泡はしっかりとすすぐ。

2:お風呂上がりは乾燥しがち!5分以内に保湿スキンケア

赤ちゃん 乾燥 保湿 スキンケア

お風呂上がりは急激に水分が蒸発します。みるみるうちにお肌の乾燥が進みます。およそ10分もするとお肌の潤いが急激になくなるといわれているため、お風呂上がりは5分以内を目処に、保湿剤をたっぷりと塗って乾燥防いであげましょう。保湿剤はテクスチャーのやわらかい乳液状のベビーローションが塗りやすくておすすめです。

また、お風呂上がりはお肌がやわらかく、保湿剤が浸透しやすくなっています。潤い成分や保湿成分が配合されたベビーローションでカサカサ乾燥肌を予防し、肌荒れ知らずの健康肌をつくってあげましょう。ベビーオイルを使ってベビーマッサージをしてあげるのもおすすめです。

<<赤ちゃんの保湿スキンケア手順>>

  1. まずは赤ちゃんの保湿スキンケアをしてあげるママ・パパの手も清潔にしましょう。
  2. ベビーローションなどの保湿剤の適量を手に取り、赤ちゃんの顔からやさしく塗ってあげます。カサカサ乾燥しやすいほっぺを中心に、口の周りも塗ってあげます。首のつけ根も忘れずに。
  3. つぎに、体は胸やお腹、両腕、両足を塗ってあげます。その際、むちむちな赤ちゃんの体にはしわになっている部分があるため、しわの奥まで保湿剤を塗ってあげましょう。
  4. 背中とおしりは、あせもやおむつかぶれができやす場所なので、保湿剤でお肌を保護してあげると肌荒れしにくいですよ。おむつかぶれになりやすい赤ちゃんは、より高保湿なベビークリームを塗ってあげるとバリア機能を高めてくれます。

3:外出先や室内でも乾燥が気になったら保湿剤を

新生児 乾燥 保湿

冷暖房が発達している現代においては、どこに行っても赤ちゃんは乾燥にさらされています。お部屋の乾燥を防ぐ理想の湿度は50%台といわれています。1日の大半をお部屋で寝て過ごす赤ちゃんにとって、湿度計と保湿機を使って適切な湿度を保ってあげましょう。

しかし、湿度を調整することのできない外出先では、赤ちゃんの保湿剤を持ち歩き、カサカサが気になったら塗ってあげて乾燥を防いであげてください。

一方で、肌トラブルによって医師にステロイド等の外用薬を処方されている場合は、医師の指示に従い、用法・容量をきちんと守りましょう。

赤ちゃんの乾燥肌対策におすすめベビーローション4選

赤ちゃんの乾燥肌をケアするためには、赤ちゃん用の保湿剤が必須。成分や使い心地など、ママに評判ベビーローションを集めました。

No.1 アロベビー ミルクローション

ベビーローション アロベビー

【容量】150ml
【税込価格】2484円 ※お得な定期便あり

99%以上天然由来成分配合、安心&安全の純国産ベビーローション

赤ちゃんの保湿ケアにかかせないベビーローションは、純国産オーガニックのこちらがおすすめ。アロベビーでは、全製品が99%以上天然由来成分配合、純国産という安心&安全に徹底的にこだわっています。

懐疑的な「オーガニック」製品が出回っている中、オーガニック認証の世界基準といわれるフランスのECOCERT(エコサート)を取得しているため、本当に安全な成分のみを使っていることがわかります。

無添加・無香料・無着色で新生児から使用が可能。敏感肌の赤ちゃんにこそおすすめなベビーローションです。

乾燥肌対策も乳児湿疹の改善もこれ1本でOK

アロベビー ミルクローションは、乳児湿疹の改善にも効果があるとママたちの口コミで評判! カサカサで真っ赤、ぶつぶつになっていたほっぺが、ミルクローションを続けているとぷるぷる肌に戻るようです。


アロベビー ミルクローション

<<アロベビー ミルクローション愛用者の声>>

●ミルクローション使用前

ミルクローション 愛用者 before

ほっぺの乳児湿疹が痛々しい赤ちゃん…。アロベビー ミルクローションを10日間使ってみると、、

●ミルクローション使用後

ミルクローション 愛用者 after

こんなにもきれいになりました! 赤ちゃんもとってもうれしそうですね。

Amazon&楽天ランキングナンバーワン!

アロベビー ミルクローションは、「Amazonランキング大賞 2016 上半期(コスメ・化粧品・ボディケア部門)」にて第1位を取得しています。

※Amazon および Amazon.co.jp は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です
※2016年6月1日調べ (集計期間: 2015年11月16日~2016年5月15日)

また、楽天市場のベビーローション&オイル部門における受賞、育児にまつわる人・モノ・コトを表彰する人気育児雑誌が選ぶ「第8回 ペアレンティングアワード(モノ部門)」などの受賞歴があります。

アロベビー ミルクローションは、もともとママたちの口コミで人気が広がったベビーローションですが、今では育児雑誌だけでなく、芸能人のブログにも多数登場しています。


アロベビー ミルクローション

No.2 ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

ベビーローション ヴェレダ

【容量】200ml
【税込価格】2376円

ヨーロッパ発祥の人気オーガニックコスメブランド ヴェレダのベビーローションです。肌荒れ予防に効果があるとされるカレンドラエキスを配合したベビーローションで、赤ちゃんのカサカサ乾燥肌による肌荒れ・乳児湿疹を予防してくれます。植物エキス100%配合で、赤ちゃんに安心して使えます。

ベビーローションの特徴は、比較的テクスチャーが重めなので、乾燥が激しい赤ちゃんにおすすめです。また、海外製品特有の香りは強めな点は、好みが分かれるところかもしれません。

No.3 フォーファム ボディミルク

ベビーローション フォーファム

【容量】300g
【税込価格】3132円

芸能人ブログでもお馴染みのフォーファム。5種のセラミド、10種類の植物エキス配合で、高い保湿力が自慢のベビーローション。親子で兼用がおすすめです。おしゃれなパッケージも人気で、プレゼントにもぴったりです。

大容量ボトルタイプが好評ですが、反面、残り5cm前後になると早い段階からローションが出なくなるという声が多いようなので、今後の改善に期待です。

No.4 エトヴォス ベビーローション

ベビーローション エトヴォス

【容量】120ml
【税込価格】2160円

大人のコスメブランドとしても注目のエトヴォスの無添加ベビーローションです(防腐剤不使用で使用期限2年)。4種のセラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、ベタインを配合し、赤ちゃんをやさしく保湿してくれます。パッケージもおしゃれなデザインで、出産祝いなどのギフトにもおすすめ。口コミ評価では、サラサラとしていて保湿力が物足りないという人が多いため、気になる場合はベビークリームやベビーオイルと併用するとよいでしょう。

こちらもおすすめ!乾燥対策に便利な赤ちゃんの保湿剤

アロベビー ベビークリーム

ベビークリーム アロベビー

【容量】60g
【税込価格】2376円(参考価格)

ほとんどの赤ちゃんが体験するというおむつかぶれ用のベビークリームです。99%以上天然由来成分配合で、赤ちゃんのデリケートな部分にも安心して使えます。ハマナエキス、セイヨウニワトコエキスの抗炎症作用が、赤ちゃんの炎症を鎮静化してくれます。

おむつ周りに限らず、高保湿でかつ伸びがよいクリームなので、赤ちゃんの乾燥が気になる部分や、ママのハンドクリームとしてもおすすめです。

ベビーワセリン

ベビーワセリン

【容量】60g
【税込価格】411円(参考価格)

おなじみベビー用の白色ワセリンです。ワセリンにはお肌に水分と潤いを与える効果はなく、お肌を保護する役割があります。ベビーローションでお肌に水分補給をしてあげた後、守りたい部分に使いましょう。

エルバビーバ ベビーリップCバーム(リップ&チークバーム)

エルバビーバ ベビーリップ

【容量】18g
【税込価格】2052円

出産祝いなどのギフトでも人気のカリフォルニア発のオーガニックコスメブランド エルバビーバのベビー用リップクリームです。唇だけでなく、口周りなど乾燥が激しい部分に使うのがおすすめ。

バームは固めなので、赤ちゃんには手に取って温めてから使うといいですね。

新生児からの乾燥肌対策で将来の健やかなお肌づくり

baby-323763_640

新生児からの乾燥肌対策によって、乳児湿疹を改善できるだけでなく、将来のアトピー予防にも繋がります。赤ちゃん用の保湿剤を活用して、赤ちゃんのモチモチうるうる肌を守ってあげましょう。

赤ちゃんの乾燥肌対策まとめ

  • 乾燥していてもお風呂は毎日。お肌を清潔にする
  • お風呂上がりは乾燥しがち!たっぷりのベビーローションで保湿スキンケア
  • 外出先でも乾燥が気になる時は保湿を
  • 乾燥を防ぐお部屋の湿度は50%がベスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加